広告。 

2011年12月14日

地震レベル大幅改定へ。[1130改定1214更新]

この方式を主流にしていきます。各項目細分化します。
例:睡-1 耳0 頭0.5 重0 違2.5 他0 ☆4(黄色継続6時間)

睡⇒睡眠系異常(+が抑制-が促進、Gは途中起き※)
耳⇒耳系異常(右耳にウィーン音が発生したら高め)
頭⇒頭系異常(頭の左上に異常を感じたら高め)
重⇒だるさ・重さ
違⇒違和感
他⇒別現象や、全体的な地震の発生状況も含む。
☆★⇒各項目の合計値 ★の場合は、準注意以上の注意状態の事を表す。


※黄色継続6時間というのは、黄色の状態を呟き後6時間継続するという意味です。
その時間を過ぎると自動的に解除となります。

準注意・注意情報の暫定値は以下の通り
黄色約4→橙色約6→準注意約7程度→注意約9

尚、新危険度合いは
なし<黄色<橙色<準注意情報【赤色】<注意情報<準予測情報(3段階)<予測情報(3段階)
とし、緑・水・青色は終了。


posted by EMplusn at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧:過去記事等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。