広告。 

2012年07月03日

[7/2最終更新]予測状況C〜D発表[06/21痺現]

予測内容.png
予測状況:C〜D(痺れ現象)
予測日時:6月21日12時〜6月25日12時≪詳細下記≫
予測震度:震度4以上(震度5弱程度) or M5.5以上
予測地域:関東・東北>遠地(海洋)>国内地域
(場所の予測は苦手です。)

痺れ現象系の感知は、関連の現象があれば日時の特定が出来るのですが、現在は発生しておりません。
やや強い地震が発生する可能性があります。

予測結果とランク.png
(24日10時29分頃 宮城県沖 M4.7 最大震度3)
22日16時59分頃 三陸沖 M5.1 最大震度2
22日05時33分頃 三陸沖 M5.2 最大震度2
≪6月21日≫
12:00D→16:00D+→18:57C−
6月22日6時まで、それ以降はD6月25日12時に終了。
(6月22日 12:00〜20:09空白期間)

あいまいな発生ではありましたが、終了とします。

〜簡単説明:痺れ現象と体感の違い〜
痺れ現象は体が痺れるような現象で昔からの予測の元になっている現象(はっきりしている)
体感は複合的な現象で最近の予測の元になっている現象(あいまいである)


posted by EMplusn at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | [2012-]C・Dランク関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。