広告。 

2013年05月25日

南海トラフ地震、M8〜9級予測 30年内確率最大70%

政府の地震調査委員会は24日、南海トラフ(浅い海溝)のどこかでマグニチュード(M)8〜9級の地震が30年以内に起きる確率は60〜70%とする新たな長期予測を公表した。
東海・東南海・南海の3地震の確率を個別に計算する従来の手法を見直し、トラフ全体を一元的に評価した。M9級の巨大地震の確率は算出できないとした。

 東海沖から九州東部沖にかけて延びる南海トラフではM8級の東海・東南海・南海地震が繰り返し起きている。調査委はこれまで3地震の確率を個別に計算してきたが、過去のケースでは複数の震源域が連動するなど起き方は多様なため、最大級のM9級を含めトラフ全域の地震を一括して評価することにした。

 30年以内の確率は今年1月時点で東海88%、東南海70〜80%、南海60%とされており、東海・東南海の確率は見かけ上低くなるが、調査委の本蔵義守委員長は「切迫度が大きく変わったわけではなく、非常に高いことに変わりはない。減災に努めてほしい」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130525-00000126-san-soci

現状「対策するしかない」という状況がひしひしと伝わってきますね。
(これで思い出したんですが、こういった地震予測に関するお金の話題も書きたいですね。)


posted by EMplusn at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 地震(準)予測情報関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間は 被害想定しか 出来ないのか?
Posted by at 2013年05月26日 00:03
今の想定は正直宝くじみたいで、情報出して満足みたいになってる気がしますね。
Posted by emplusn at 2013年05月27日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。